アドセンス

ご案内

損害保険・傷害保険について色々と調べた事を掲載しています

 このサイトでは、損害保険・傷害保険・生命保険など色んな保険について個人的に調べたものをメモしているサイトです。 間違っている事もあるかも知れませんので、参考程度にしてください。

このサイトによっていかなる損害を負っても何も責任は負えませんのでご容赦下さい。
スポンサー
ホームページ制作
北九州市にあるSEO対策のホームページ制作会社

特約とその種類

特約とは、保険に追加できるオプションです。一般的なものとしては、けがや病気で入院したときに支払われる医療特約です。ほかにも保険者が介護を受ける場合に給付金が支払われる介護保険特約、ガンなどの病気で死が間近に迫った際に、保険金額のうちいくらかが生前に支払われるリビングニーズ特約などがあります。

損害保険

損害保険は損保とも呼ばれ、風水害などの自然災害や交通事故などの、偶然な事故により生じた損害を補償する保険です。 損害保険は大きく分けて、自動車保険や火災保険などのノンマリン分野と、貨物保険や船舶保険などのマリン分野に分けることが出来ます。

ゴルファー保険

別名ホールインワン保険とも呼ばれる損害保険の一種です。ゴルフのプレー中に発生する損害を補償する保険です。一般的に掛け捨てとなっており、保障期間は1日など非常に短いものが多いのが特徴です。

保険会社

保険とは、偶然発生した事故により損失を受ける財産にあらかじめ備えて、多くの人が保険料を出し合い、その資金によって事故が発生した方に、保険金を給付する制度です。 保険の対象とされる事故は、交通事故・海難事故・火災・地震・死亡などで、保険契約者の生活の安定を崩す事件・事故・災害などの事象を対象とします。さらに各種共済団体が行う共済も保険の一種とされています。日本では、保険会社が扱う保険を保険と呼び、その他の協同組合、共済組合が取り扱う保険を共済と呼び区別するよう保険業法で定まっているのです。 保険は、国や地方自治体などが運営している公営保険、民間が運営する私営保険に分けられます。 公営保険には、社会保険と産業保険に分けられ、社会保険は国民健康保険、公的年金保険、公的介護保険、労働保険、船員保険など、産業保険は農業保険、漁業保険、漁船保険、輸出保険などが含まれています。 私営保険には、人の生死により一定の金額の保険金を支払う生命保険と、一定の偶然の事故による損害を補償する保険です。

第三分野保険の種類

疾病保険 疾病保険とは、保険者が決まられた疾病と診断され、医師の治療を受けた際に、保険金を支払われる保険です。 三大疾病保険 ガン、脳卒中、急性心筋梗塞にかかった場合に保険金が支払われる保険です。これらのは、現代日本の死亡原因の多くを占める病気となっています。また、病気が発覚した際、治療や時間に多くの時間を費やすため、その損害を補償する必要があります。 ガン保険 ガンによる治療や入院、死亡時の補償に対し、特化した保険です。ガンの種類の上皮内新生物と診断された場合は、保険金が削減されたり、支払われない場合があります。また、加入後90日以内にガンと申告されても、保険金が支払われない免責期間があります。しかし、おのずと医療費が高くなってしまうガンに対して、手厚い保険金が保証されています。

第三分野保険

第三分野保険とは、医療保険、介護保険、ガン保険のように保険者が病気やケガの治療に対して保険金を支払う保険は、今まで存在してきた保険の中間を意味するので、第三分野の保険と呼ばれています。 第三分野保険は、規制緩和により、生命保険会社・損害保険会社ともにどちらも取り扱うことが可能となっているので、現在急速に成長している分野です。

生命保険の種類

一般的に「掛け捨て」と呼ばれる保険で、一定期間内に保険者が死亡した際に保険金が給付される生命保険です。補償するのは死亡のみのため、満期時に生存していた場合に保険金が支払われることはありません。また、保険を途中で解約する場合にも支払われる解約返戻金も一般的に少なくなっています。 保険料が支払われる保険金に対して安くなっているため、子供がいる家庭の世帯主など、高額な保障が必要となる可能性を持つ方に多く利用されています。 終身保険 生涯にわたって保障される保険です。保険者が死亡した際に、必ず保険金が支払われるようになっているので、保険料が定期保険などに比べると比較的割高になっています。保険期間中に解約をした場合は、解約返戻金が定期保険などに比べ多く戻ってくることが多いです。保険料を一生払い込む終身払いの契約の場合には、最終的に70歳代半ばで保険金より払い込んだ保険料のほうが高くなっている場合もあります。保険料と保険金が一致するのは105歳に設定されています。 養老保険 保険期間内に保険者が死亡した際に保険金が支払われ、さらに保険期間満了時に生存していた場合にも保険金が支払われる保険です。満了時には、返戻金に加えて配当金も加えられるため、通常保険料にくらべ支払われる保険料の方が高いため、貯蓄型の生命保険と呼ばれています。 養老保険の場合、確実に保険金を受け取ることが出来るため、保険料は定期・終身保険に比べるとさらに割高になっています。 定期付終身保険 終身保険と定期保険を組み合わせた保険です。子供がいる時のように、大きな死亡保障が必要なときだけ保障を大きくできるよう、終身保険が主契約となり、定期保険が特約となっている場合が多くなっています。 アカウント型保険 新しい保険で、毎回一定の保険料のうちいくらかかを定期保険へ、残りの金額をアカウントと呼ばれている積立金に充てて、保険期間終了後に一時払終身保険または年金に移行する種類の保険です。 子ども保険 子供に対する生存保険と親に対する死亡保険を組み合わせたような保険です。子供の年齢に応じて小中学校・高校の入学に対する祝い金が支給されたり、満期時に保険金が支払われたりします。さらに、親が死亡した場合には、子供に補助金が支給されたり、それ以降の保険料の支払いを要求しないなどの保障が行われます。 個人年金保険 生存保険の一種で、期間内に保険料を払い込み、保険料を積み立てた資金を元に、契約に基づき年金を受け取る保険です。 変額保険 一般的に契約時に定めた保険金額は変化しませんが、保険期間内に株式・債権などへの投資や運営を行い、その変化に応じて、死亡保険金額・解約返戻金額・満期保険金額が変化する保険です。

自動車保険の種類

自動車保険には、人への保険、物への保険と二つに分けることが出来ます。 人への保険 ・対人賠償保険  他人を死傷させた場合の損害賠償責任を補償します。保険金額は最高無制限まで加入することができます。 ・無保険者傷害保険  事故にあい、相手が保険加入者ではなかった場合の救済措置として保険金が支払われます。 ・自損事故保険  自損事故の場合、損害賠償を支払う相手がいないため、一定の契約に基づき、保険会社が保険金を支払います。 ・搭乗者損害保険  運転中に、同乗者が死傷した場合に保険金が支払われます。 ・人身傷害保険  無保険車傷害保険、自損事故保険、搭乗者傷害保険を組み合わせた保険です。さらに、歩行中の自動車事故も含みます。 物への保険 ・対物賠償保険  自動車事故による損害のうち、人的被害を除いた損害補償を行います。破壊された物の修理費、再購入費、それに伴う休業損害なども含まれています。 ・車両保険  自身の事故以外にも車両の盗難や風水害、地震や津波、噴火以外の自然災害への損害の補償を行います。車両の金額は、時価評価額で見積もられ、カーナビやステレオなどの特別装備は含まれません。これらの特別装備への補償を要求する場合には、特別装備をした時点での保険会社への申請が必要となります。 その他 ・リスク細分型自動車保険  現在CMなどでよく目にすることが多い自動車保険です。保険者の年齢、性別、地域、車種、走行距離、運転免許書の種類などによって、保険料が変わる新しい保険です。

生命保険

生命保険とは、人間の命やケガ、病気による損傷をする保険で、一定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うとするものです。 保険会社が運営しているものとは別に、日本郵政公社のかんぽ生命保険や、農協、生協が扱っている生命共済も同じ生命保険となっています。 最近の保険業界は、ガンに対する保険であるガン保険をメインとする外資系保険が参入しています。また、アクサ生命保険やライフネット生命保険のような、インターネットを介した保険も現れ、保険の販売方法も多種多様に変化しています。 基本的な保険としては、死亡保険・生存保険・生死混合保険の三つに分けることができます。 死亡保険は、保険期間中に保険者が死亡した際に保険金が支払れるものです。 生存保険は、保険者が保険期間を終了時点で生存している場合保険金が支払われるものです。 生死混合保険は、死亡保険と生存保険を組み合わせたもので、保険者が死亡した際にも保険金が、保険満期時に生存している場合にも保険金が支払われます。 現在、様々な生命保険が出回っていますが、これらのほとんどが上の三つを組み合わせたものなっています。

火災保険

火災や風水害による建物や建物内の財産に対する損害を補償する保険です。「住宅火災保険」「普通火災保険」では、火災・落雷・爆発・風ひょう雪災を保障する保険や、「住宅総合保険」「団地保険」「店舗総合保険」などの、物体の落下や衝突・給排水設備事故により生じる水濡れ・騒擾・盗難・水災による損害も補償するものもあります。 しかし、大規模災害である地震や津波、噴火などは火災保険だけではカヴァーできないため、別に地震保険をつける必要があります。 火災保険の種類としては、住宅火災保険・住宅総合保険・特約火災保険・団地保険・地震保険・普通火災保険・店舗総合保険などさまざまな種類があります。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

サイト内検索

相互リンクのご案内